薪ストーブのある家

「薪を使うこと・・・。」


それは地球を守ることです。

日本では、間伐ができず森が育たなく、新たな植林も進まず今、森が泣いています。

エネルギーの代役、節約には薪ストーブ、暖炉が有効です。薪、炭は再生可能なエネルギーなので原子力エネルギーの負担を軽減することもでき、原子力発電所の新規建設の抑制にもなります。薪ストーブは、単なる暖房器具ではありません。

薪の燃焼は、新たな二酸化炭素を排出しません。
つまり、木々が成長過程で吸収したCO2の量を超える事はないのです。木材、薪はエネルギー源として燃やしても大気中の二酸化炭素の濃度に影響を与えない「カーボンニュートラル」な特性を有する燃料でもあり、地球温暖化、CO2削減にも貢献できます。

自然環境にやさしく、心にも安らぎを与えてくれるすばらしい暖房器具薪ストーブは、家族の体を暖め心を豊かにする大切なツールです。