1. >
  2. >
  3. 函館及び近郊の牧場ソフトクリーム

函館情報箱(Hakodate Infomation Box)上部ロゴ

函館及び近郊の牧場ソフトクリーム

桜の季節も終わり、いよいよ夏に向けて気温が上がってくる時期。
しかしながら今年は少々足踏み状態。
天候が不安定だったり、気温が低かったりな日々が続いています。

最近は飛行機や新幹線で(函館や札幌など)北海道入りしたあとは、レンタカーで自分の行きたい場所に行くことが多いようです。
確かに駅や空港だけを拠点に観光すると、どうしてもありきたりだったり、前回と同じコースだったりしてしまいます。
また、昨今のキャンピングカーのブームも相まって、道の駅を巡る方も多いようです。

そこで今回は、夏の車旅に向けて「北海道ならでは」な品をご紹介。
ずばり『ソフトクリーム』です。
北海道では牧場併設の売店等でチーズやソフトクリームを販売している場所が多数あります。
本投稿では、函館及び近郊の有名なソフトクリームをご紹介します。

その1:山川牧場自然牛乳

ここは函館及び近郊で「言わずと知れた」感がある『牧場ソフト』の代表格。
数年前に大幅リニューアルし、かわいらしいオブジェなどで「インスタ映え」なショップとなりました。
こちらのソフトクリームは、市内数カ所(五稜郭駅近くの「クッキングショップ大林」、桔梗町の「和創菓 ひとひら」など)でも食べられます。
しかしながら大沼にある牧場では牛乳はもちろんのこと、ヨーグルトやチーズなどに加え、かわいらしい雑貨なども販売しています。
所謂「牛乳ソフト」そのままで、牧場直結ならではのおいしさを味わえます。
国定公園である大沼地区にありますので、函館-札幌間の移動中の寄り道にも抜群のロケーションです。

北海道亀田郡七飯町字大沼町635-1
営業:4~10月 9:00~17:00/11~3月 10:00~4:00
定休:11~3月の木曜日(祝日の場合は翌日) 12/31~1/3


その2:久保田牧場チーズ研究所ミルクパーラー

こちらも大沼近辺で、山川牧場より少々奥に入ったところにあります。
知名度は山川牧場ほどではないですが、店内が広くゆったりと休憩できるスペースがあるのが特徴。
当然のことながら、牧場ですのでそれ相応の臭いがありますが、苦手でなければ店舗奥の芝生にも出られます。
こちらのソフトクリームは所謂「牛乳ソフト」のミルク系よりどちらかと言えば、クリーム系の濃い目の味です。
渦巻き状に「巻く」ことが一般的だと思いますが、こちらは絞り出す段階で波打つように出てくるので形状が特徴です。

北海道亀田郡七飯町軍川527-2
営業:10:00~17:00(冬期間は10:00~17:00)
定休:11~4月の火曜日


その3:鈴木牧場牛乳

地元民には「スズボク」の愛称で親しまれている牧場です。
函館市内から車で20~30分と気軽に行けることもあり、市民がちょくちょく行く場所でもあります。
大沼から函館市内に抜ける途中にあり、一般的な国道5号線(高規格道路及び「赤松街道」)を抜けるルートではなく、函館市民が大野新道と呼ぶ国道227号線を選ぶと割と近くにあります。
こちらのソフトクリームも山川牧場同様、牧場の牛乳ソフトのど真ん中をいく味です。
ちなみに一覧などで表示している正方形の写真はこちらのソフトクリームです。

北海道北斗市向野3丁目1-21
営業:10:00~17:00
定休:4~10月のみ営業(11~3月はお休み)


その4:函館酪農公社 函館牛乳 あいす118

今回紹介する4件のうち、唯一の函館市内です。
函館空港から市内とは逆方向の離れる方面へ10分程車を走らせると牧場と工場、ショップが見えてきます。
函館市民からは「函館牛乳」として古くから愛されているブランドであり、その直結ショップが「あいす118」です。
数年前にリニューアルされ、以前の牛乳系ソフトクリームから少し濃厚なクリーム系へ若干のテイスト変更がありました。
ミルク系とクリーム系の中間的な味と言えるかもしれません。
こちらも市街地から20分~30分程度の距離なので地元民はもちろんのこと、観光バスが止まる程の人気です。
すぐ横には牛とふれあえるコーナーもあり、お子さん連れにも嬉しい施設です。

北海道函館市中野町118
営業:4~6月 9~10月 9:00~17:00/7~8月 9:00~18:00/11~3月 10:00~16:00(天候により早めの閉店有り)
定休:11~3月の水曜日 12/26~1月第2日曜日(変更になる場合が有り)


この他にも牧場系では無いですが、巻き数が多くて倒れそうに高いソフトクリームや、好きなだけ自分で巻けるソフトクリームなどもあります。
当然ではありますが、ソフトクリームメーカーの既製品もありますし、牧場併設のショップなどのオリジナルの商品もあります。
せっかくですから是非、北海道独自の味を味わって頂きたいと思います。

※味はあくまで執筆者の個人的な感想です。